ホルモンバランスの整え方ならサプリに決まり!

 

ホルモンバランスが乱れやすい生活習慣

 

肌と女性ホルモンというのは密接な関係にあるということについてこれまで説明をしてきましたが、自分は果たしてホルモンバランスが崩れてしまっているのか、それともホルモンバランスが整っているのかを判断するのは難しいと感じた人もいるのではないでしょうか?

 

今回は、普段の生活習慣を振り返ってみて、ホルモンバランスが崩れやすい生活をしていないか確認をするためのチェック項目を紹介していきたいと思います。

 

以下のことに当てはまっているかどうかをチェックしてみてください。

 

・その日のうちにメールなどを返すようにしている
・朝はご飯を食べていない
・就寝前に腹筋を鍛えるトレーニングをしている
・ノンオイルのドレッシングを使ってサラダを食べている
・サプリメントを飲んで便秘を解消しようとしている
・抗菌グッズで最近などの対策をしている
・熱いお風呂に就寝前に入っている
・感情を表に出さないようにしている
・頼られてしまうと断れない
・毎日豆電球をつけて就寝するようにしている
・一度やると決めたら最後までやる
・筋が通らないことは大嫌い
・靴下を履いて、指先が冷えないようにしながら寝ている
・普段からレタスをしっかり食べるようにしている
・飲み会に誘ってもらったら、必ず飲み会に行く
・体を鍛えるために、会社が終わった後でジムでトレーニングをしている

・SNSでの投稿に「いいね!」を押している

 

上記の項目で0個から5個までしか当てはまっていないのであれば、ホルモンバランスは整っていると考えることが出来ます。自分のペースで生活をしていますから、あまりストレスを感じることもないですので、女性ホルモンの分泌もされやすくなっているでしょう。ただし、精神面に関する項目で該当しているものがあるのであれば、ストレスを発散させるようにしたほうがいいでしょう。

 

次に、項目のうち6個から15個当てはまっているのであれば、ホルモンバランスが乱れがちになっています。充実した生活をしているように自分では感じていても、正常に女性ホルモンが分泌されていないかもしれません。ですから、今のうちに生活習慣を見直すようにして、チェック項目を減らすようなライフスタイルに改善していきましょう。

 

そして、16個から20個該当しているのであれば、ホルモンバランスが既に乱れてしまっている可能性が高いです。ですので、速やかに生活習慣を改善させていかなくてはならないですし、念のために病院で調べてもらうようにしたほうがいいでしょう。これだけ多くの項目に当てはまっているのであれば、もう生理不順などのような症状が出てしまっているかもしれません。

 

上記のように、当てはまっていることが多くなるほど、ホルモンバランスが崩れる可能性が高くなっています。就寝前に腹筋のトレーニングなどをしてしまうと、体が興奮状態になってしまって、寝つきが悪くなってしまいます。睡眠不足になってしまうと、自律神経も乱れやすくなり、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

また、頼られると断ることが出来ないという人は、真面目な性格になっているので、それだけストレスも溜め込んでしまいやすくなり、女性ホルモンが正常に分泌されにくくなってしまいますので注意してください。

 

どうしてチェック項目に当てはまっているとホルモンバランスが崩れやすくなってしまうのかという理由についてお話をしていきたいと思います。

 

・筋が通っていないことが大嫌い

 

他人にも自分にも厳しいということになります。真面目な性格ですから、色々なことに対してストレスを感じやすくなります。

 

・サプリメントを摂取して便秘の対策をしている

 

便秘薬の場合でもそうですが、サプリメントで便秘の症状を改善しようとすると、腸の働きが弱くなってしまいやすくなります。さらに、サプリメントを摂取しているのに、なかなか便秘を改善させることができなかった場合、ストレスを感じやすくなってしまいます。

 

・頼られると断れない

 

断ることが出来ないことによってストレスを感じやすくなってしまい、女性ホルモンにも影響が出てしまいます。

 

・寝るときに豆電球をつけて寝ている

 

豆電球というのは、光が弱いですが、この弱い光でも熟睡することが出来なくなってしまうということもあるのです。

 

・感情を顔に出さないようにしている

 

あまり感情を顔に出さないようにして、人からの評価を下げないようにしているという人も血行いるのですが、我慢をしているということですので、ストレスになりやすいです。

 

・ノンオイルのドレッシングを使ってサラダを食べている

 

オイルでも、植物油や質のいい油であれば、女性ホルモンが分泌されやすくないrます。

 

・その日のうちにメールなどを返すようにしている

 

メールなどを返すということは、スマートフォンやパソコンなどの画面を見ているということになります。このスマートフォンやパソコンの光というのは、睡眠妨害になってしまいやすいのです。

 

・普段から朝食を食べない

 

朝食を抜いてしまっていると、ホルモンの分泌量も減りやすいです。ですので、バナナでもいいですので、朝食として栄養価が高いものを食べるようにしましょう。

 

・熱いお風呂に入ってから就寝する

 

お風呂のお湯が熱すぎる場合、交感神経の働きが強くなってしまって、眠気がこなくなってしまいやすいです。ですので、就寝前にお風呂に入るのであれば、ぬるま湯に浸るようにsましょう。

 

・腹筋のトレーニングをしてから寝ている

 

就寝前というのは、徐々に体温を低下させるようにするべきなのですが、腹筋のトレーニングをすると反対に体温が上昇してしまいます。

 

・一度決めたら最後までやる

 

一度決めたことは最後までやっているとストレスになってしまうことも多いです。ですから、引き際を見極めて、無理をしないようにすることが大切です。

 

・仕事が終わったらジムでトレーニングをしている

 

ただでさえ仕事が終わったばかりというのは疲れが溜まってしまっているものです。この状態で、さらにトレーニングをしてしまうと、眠気がやってこなくなってしまったり、疲労を十分に回復させることが出来なくなってしまいます。

 

・抗菌グッズで細菌などの対策をしている

 

ある程度の抗菌であれば問題ないのですが、抗菌しすぎてしまうと、免疫力が下がってしまいます。

 

・靴下で冷え対策をしてから寝ている

 

熱が足の裏から放出されない場合、しっかり寝ることが難しくなってしまいます。

 

・野菜ジュースを飲んで野菜の代わりにしている

 

野菜ジュースというのは、阿東なども含まれていて糖質を摂取しすぎてしまいやすいです。これによって、イライラ感を感じてしまうようになるというケースも多いのです。

 

・飲み会に誘われたら必ず飲みに行く

 

疲労がたまってしまっている上体で飲み会に参加をすると、余計に疲れてしまいますし、ストレスになりやすいです。

 

・便秘を改善させるためにレタスを食べている

 

確かにレタスにも食物繊維が含まれているのですが、食物繊維の含有量はごぼうのほうが優れています。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ! All Rights Reserved.